川辺のアオサギ

 また川辺でアオサギを見ました。

 

 魚釣りをしている人がいて、近くの川岸にいたのです。魚釣りの男性が30cm位の生きている魚を川岸に置いて少し離れると、アオサギは魚を置いた場所に飛んでいきましたが、大きすぎるようで魚に触れません。アオサギが食べない魚はまた川に戻すそうです。

 魚釣りの男性とアオサギの話をしていると、アオサギは川の中に入り、こちらを見ながら魚を待っている様子です。

 

 魚釣りのその男性には10m位まで近付き、別の魚釣りの男性には5m位まで近付くと聞きましたが、別の男性の場合、アオサギは直ぐ隣の1m位の距離にいたこともあります。親しそうに…。

 しばらくしてまた土手を通ると、魚釣りの人はいませんでしたが、アオサギは同じ場所にいました。立ち止まって見ていると、アオサギもこちらを見ているような感じです。

 北の空には夏の雲が広がっています。

広告を非表示にする