半夏生。

先日のタコ飯に続き、本日もタコ料理。

タコ飯のブログ内でもお伝えしましたが、夏至から半夏生にかけて、西の方ではタコを食べる習慣があり、本日7月2日がその半夏生にあたる為、本日もタコ料理。といった次第です。

本日はタコと長芋の炒め物。

味付けは塩麹と青海苔です。

おつまみにぴったりですよー。

タコは気血を補い身体を元気にしてくれる食材であり、長芋は身体に潤いをつけ、元気にもしてくれる食材。

これから夏のスタミナアップレシピとしても良いと思います。

因みに半夏生について少し説明を。

諸説ありますが、一般的には半夏烏柄杓が生える頃、が名前の由来です。

どんな植物かと言えばこんな植物。

本日、近所の公園に咲いておりました。

半化粧とも半夏生とも書きます。

名前の由来として。

葉が半分白くなり、半分お化粧をしているように見える。

雑節の半夏生の頃に花が咲くから。

両方言われていますが、現在はの方が有力。

梅雨明けまでもう少し。

食養生しながら季節を乗り切っていきましょう。

広告を非表示にする